脚本からスクリーンへ映像化すること

11月1日の撮影開始日までに、制作チームは3ヶ月かけて準備を行った。イギリスと、北アイルランドの海で『ザ・フォーリナー/復讐者』に登場するロケ地を見つけると、イギリスでほとんどの撮影を行ったほうが、撮影にかかる予算を効率的に使える、と分かった。ひとつ目はロンドン。もうひとつは、ロンドンから少し北にあるルートンという街。

脚本のマルコーニは語る。「今回のプロジェクトにようやくOKがでたとき、イギリスで撮影することになった。それで、脚本に登場する特別な場所を調整した。」さらに、監督のキャンベルはこう語っている。「スケジュールもタイトで、急いで動かなくちゃいけなかった。何があってもしぶとく諦めない、という感情を作品に反映したかった。」プロダクション・デザイナーのアレクサンダー・キャメロン、撮影監督のデヴィッド・タッターサル、衣装のアレクザンドラ・ボヴェイルドをはじめとした、舞台裏のスタッフが共同で作り上げた成果が、制作陣の望み通りの映像と作品の雰囲気なのだ。

CLOSE